ARC-1884 シリーズ
12Gb/s SSD/HDD 対応 PCI Express Gen3 RAID CARD

Product Image

製品説明と特徴

2018年7月 各OS用のDriverが出そろいました。
起動に問題がある場合は、ファームウェアの更新を検討してください。
※タイムスタンプでも新旧がありますご注意ください。

高性能なRAID専用ASICを搭載

1.2GHzのデュアルコアコントローラ を搭載し、2GBのキャッシュRAMを標準搭載し、Expander接続に対応。 Expanderと接続することで、最大512ドライブの接続に対応するハイパフォーマンスRAIDcardです。 ixlという名称は、内と外にコネクタをもち、ロープロファイルに対応することを意味します。 単体で6000MB/sを超える転送レートは4Kでの編集に容易に対応することができ、そのほかにも大容量・高速転送が必要な 場面でその真価を発揮いたします。

手持ちのSSDの単体性能が・・・でしたので、相応の値としてみていただければ幸いです。
使用しているSSDは、WesternDigitalのWDS120G2G0Aです。

RAID1 のさらなる可能性 Triple に対応

ARC-1884からRAID1構成を3本で行う、トリプルミラーリングの機能に対応しました。
トリプルミラーリングとは、書き込みは3台のストレージに行い読み込みは通常通りに処理されます。
2台までの故障に対応でき、理論上は1本のストレージに故障が発生してもアクセス性能を損なうことはありません。

Expander対応の高い拡張性

areca社のARC-4038、ARC-4038-8、ARC-4038-12といったExpanderケースを使い、 SFF-8644ケーブルでRAID領域を拡張することができます。
Expanderのケースは1つのRAIDコントローラに最大7台まで拡張が可能で、RAIDとしては512台までのSSD/HDDを認識することが可能です。
※1ボリュームで構成できるHDDは32台まで、1ボリュームで超える場合はマルチプルRAID(RAID00,50,60)での構築になります。
※128台を超える場合は、12Gb/s対応のExpanderで統一をしてください。

汎用性の高いブラウザベースのGUI

areca社の大きな特徴の一つがシリーズを通して使いやすいWEBベースのGUIがあります。
もちろん、ソフトウェアをインストールすることで使用可能な、 ARCHTTP(ローカル)、ARCSAP、ARCCLIといったGUIもありますが、いずれもdriverのほかに 専用ソフトウェアをインストールする必要があります。
areca社のRAID製品では、一部のローエンド製品を除きLANポートがマネジメント用に取り付けられています。
ARC HTTPからファームウェアの更新やRAIDの構築、エラーの確認をすべてブラウザベースで 行うことができるので、RAIDの設定画面の接続に関しては環境をとわずブラウザさえ 利用可能ならば可能になっています。
設定に関しても、ブラウザからファームウェアの更新やエラーログの閲覧、RAIDの情報を確認 はもちろんのこと、arecaの特徴のもう一つである細かいRAIDボリュームの設定も 可能になっています。
現在使用しているRAIDVolumeに、異なるRAIDVolumeに、はもちろん可能。
現在使用しているRAIDVolumeに足し、異なるRAIDレベルで容量単位でLUNで区別し 編集領域と、保存領域と分けるというような設定ももちろん可能です。
※パフォーマンス的には、複雑な構成より、単純な構成のほうがもちろんよくなります。 これらの設定は、目視で行うほうがやりやすい項目ですので、複雑な設定を行う場合は 慣れているお客様でもコマンドベースより簡易な場合もあります。

4k・8K時代のデータ領域としての可能性

NVMeも出てきたから、RAIDCardはそれにくらべて遅いんでしょ?

弊社WEBサイトの導入事例でも案内をさせていただいています。 8Kソリューションの導入事例
カード単体のスペックに関しては、弊社のベンチマークデータにもある通りですが、 およそ、6000MB/sの転送レートに対応するスペックをARC-1883シリーズの時点で備えており、 ARC-1884シリーズでもその性能はプラスアルファで維持されています。
この速度は、PCI Express Gen3 x4 と PCI Express Gen3 x8 の差が出ただけのものになりますが 搭載スロットの問題や機種選定に比べればまだまだNVMeよりも導入しやすくパフォーマンスが 高い仕上がりとなっておりますので、高速ストレージを安価に導入したい場合には選択肢の一つになりうるでしょう。

8Kソリューションの導入事例にあるデータでは、ARC1883を使用しRAID0を構築したRAIDアレイを2つ作成しました。 2つのドライブをWindows上でSoftwareRaidによるストライピング(RAID0)を組むことで実現した数字です。 RAID組んでるのに安全性・・・なにそれ、おいしいの? という組み方ですがとにかく スピードを、もっとスピードをの結果このような数値を実現できました。

導入後も安心のサポート体制

聖仁商事では、areca製品に10年以上携わったエンジニアによって日本語によるサポートを行いますので 複雑な構築で分かりにくい、事前導入でどういった構成にしたらいいのか? 的確に回答をいたします。
導入後の運用中における問題等もお気軽にご相談ください。
※一件一件回答に長時間を要する場合があります。 お電話がつながりにくい場合は何卒ご容赦ください。

ページのTOPに戻る  

製品仕様 ARC-1884ixl-12

型番 ARC-1884ixl-12
製品名 PCI Express Gen3 12Gbps 対応RAID Card
製品コード null
コントローラ Dual Core RAID-on-Chip 1.2GHz
搭載メモリ 2GB on-board DDR3-1866 SDRAM
スロットサイズ PCI Express x8 Gen3
接続インターフェース SFF-8643 x3
SFF-8644 x1
転送レート SAS 12.0Gb/s , 6.0Gb/s , 3.0Gb/s
SATA 6.0Gb/s , 3.0Gb/s
マネジメントポート RJ-45 ※製品設定用 , RJ-11 ※Expander設定用
RAIDレベル RAID Level 0, 1, 1E(10), 1 Triple, 3, 5, 6, 30, 50, 60, SingleDisk, JBOD
FAN搭載 ヒートシンク一体型専用FAN
本体搭載機能 Hotswap, Auto Rebuild, Array roaming, Background Initialization, Online RAID level migration, Online RAID stripe size migration, Online RAID capacity expansion
HDDフェールアラーム Beep Buzzer, LED
消費電力 12V: 18W
カードサイズ(W x H x D) 199mmx64.4mm ロープロファイル 対応

ページのTOPに戻る  

製品仕様 ARC-1884ixl-8

型番 ARC-1884ixl-8
製品名 PCI Express Gen3 12Gbps 対応RAID Card
製品コード null
コントローラ Dual Core RAID-on-Chip 1.2GHz
搭載メモリ 2GB on-board DDR3-1866 SDRAM
スロットサイズ PCI Express x8 Gen3
接続インターフェース SFF-8643 x2
SFF-8644 x1
転送レート SAS 12.0Gb/s , 6.0Gb/s , 3.0Gb/s
SATA 6.0Gb/s , 3.0Gb/s
マネジメントポート RJ-45 ※製品設定用 , RJ-11 ※Expander設定用
RAIDレベル RAID Level 0, 1, 1E(10), 1 Triple, 3, 5, 6, 30, 50, 60, SingleDisk, JBOD
FAN搭載 ヒートシンク一体型専用FAN
本体搭載機能 Hotswap, Auto Rebuild, Array roaming, Background Initialization, Online RAID level migration, Online RAID stripe size migration, Online RAID capacity expansion
HDDフェールアラーム Beep Buzzer, LED
消費電力 12V: 18W
カードサイズ(W x H x D) 199mmx64.4mm ロープロファイル 対応

ページのTOPに戻る  

対応 OS

対応 OS

Windows7, 8, 8.1, 10,
Windows Server 2008/R2, 2012/R2, 2016,
mac OS X 10.9 ~ 10.11
macOS 10.12 ~ 10.13
Linux
FreeBSD
VMware 6.x

ページのTOPに戻る  

オプション製品

バッテリ

ARC-6120BA-T121-12G

外付けユニット

ARC-4038
ARC-4038-8
ARC-4038-12
ARC-1035

ページのTOPに戻る  

ドキュメント

マニュアル

RAID構築手順

RAID構築手順 ※日本語

ファームウェア更新

ファームウェア更新マニュアル ※日本語

Expander ファームウェア更新

Expander ファームウェア更新マニュアル ※日本語

互換リスト

HDD互換リスト

2018年03月23日

SSD互換リスト

2017年05月08日

ページのTOPに戻る  

ファームウェア・ドライバ関連

ドライバ

Windwos Driver

v6.20.0.0.33_20170913 : Windows 10 , Windows Server 2016
v6.20.0.0.33_20180531 : Windows 7 , 8 , 8.1 , Windwos Server 2008/R2 , 2012/R2

ユーティリティ

ARC HTTP

※winhttp_V2.5.2_180711
※RaidCardをLANで接続する場合、本ユーティリティは任意インストールです。

ARC SAP , CLI . SNMP

※arcsap_win_v1.4.0_20180529
※wincli_V1.15.9_180703
※winsnmp_V1.0_180131
※本ユーティリティは任意インストールです。

ファームウェア

1.55-20180831

ページのTOPに戻る